ちのさん

 

イレッサ耐性後、どんな治療があるのか、我々イレッサ服用患者にとっては、本当に重要な事です。
最近の学会で、大阪府立病院の平島先生が、イレッサに併用してアリムタを使い、治療成績が上がった事を発表されました。
私は東京の国立系でイレッサ治療を受けているので、主治医にこの事を話したところ、にべもなく 「ここではやりません」 との返事でした。
どうして医者は、特に国立系はかたくななのでしょう。せっかく実績が出ている治療なのに、偏屈としか言いようがありません。
TS-1併用の話も同じ線の話と思います。どうして、医者どうし、率直に意見交換出来ないのでしょうか。
それが患者のためになる事でしょう。悲しくなります。
患者が声を上げるとすれば、がん難民になるしかありません。

RE:イレッサとの併用でアリムタを使う治療はイレッサ患者の間で情報が飛び交っています。
結局、大きな病院は標準治療以外は多くの患者に試したエビデンスが無いことから、
後で問題が起きたり、治療自体が慣れていないので、ただでさえ多忙な上に
そこまで新しい治療にかける時間設定が出来ていない等の理由であっさり拒否してしまうのだと思います。
出来ないならできないで、その理由を丁寧に、そして申し訳ないと言う旨を述べるべきです。
私も夫の治療に関して調べた情報を相談しても、

主治医は最初の頃、まったくの無視状態でした。
これではいけないと相当思い切りが必要でしたが、夫と二人で不満を全てぶちまけました。
これは、たぶん大阪府立成人病センター始まって以来の剣幕だったと思います。
でもそれ以来、主治医の態度は随分変わりました。
そして、医師の顔色を伺うことを一切止めました。
今では聞けないことは何一つ無いと思っています。
ちのさんは国立系の病院なのですか?
実際、ガン難民を一番多く排出していると評判の国立がんセンターでも
標準治療でない治療を医師と議論を重ねてどんどん実行している患者さんもおられます。
ちなみに主人はイレッサが耐性になってしまったので、
主治医の提案はあっさり受け流して、アリムタ+アバスチンの治療に入りました。
副作用は殆どありません。
効果は一回り小さくはなりましたが、副作用が少ない分、微妙です。
また情報交換しあいお互いにゆっくり頑張りましょう。