きよみさん

 

はじめまして。私も末期のがんと宣告されて一年が過ぎました。私の周りでも主治医の不満はよく聞きます。と言うか満足されてる方の方が少ないと思います。でも幸い、現在の主治医は素晴らしく良い先生で、家族以外で一番癒される存在です。それは、告知の時から感じていて一つ一つ言葉を選んで誠心誠意、長い時間をかけて接して頂きました。こちらの動揺に敏感に反応しながら、いつまでも付き合いますから不安や疑問、何でも聞いて欲しい、とそして一緒に解決して行きましょう。と上から目線ではなく、包容力で包み込んで下さいました。今でもその姿勢は全く変わらず、診察の度に元気をもらっています。こんな病気になって運命を呪いましたが、こんなに素晴らしい医師と出会えたので、この運命も満更ではないかな、と思っています。

RE:きよみさん、すばらしい投稿をありがとうございます。私もお目にかかって挨拶だけでもさせて頂きたいくらいです(笑)悲しいかな、主人が通う大阪府立成人病センターでは、そのような医師にお目にかかった事はありません。全国的にも少ないのではないでしょうか。どうぞ、その素晴らしい先生の名前を公表してください。そしてその先生の人格者としての言動を投稿し続けてください。