桜|4月11日

最近できるだけ外を歩くようにしている。

 

そうすると、この季節少し歩くと桜に出くわす。
緩和病棟で見た桜と同じ桜が、そこここに咲いている。

あれから、もう三年も経った。
桜が憎い訳ではないけれど、出来れば見たくない。


三年、一人で生きた。
居心地の悪い、落ち着かない日々を過ごした。

みんな桜で浮かれているのに私には何の関係もない。

生まれてから一度も一人になったことが無いから、
一人の自由や寂しさや辛さが身にしみる。

でも、これに慣れないと、
これが当たり前なのだと思わないと、生きては行けない。


なのに、夫のことばかり思い出す。
おもしろい人だったな。

思い出しては泣いたり笑ったり、

いつまで、こんな風に過ごすのだろう。


強い人間にならないと、土産話も持って行けない。
話したいことが山ほどあって、
今すぐにでも聞いて欲しい。