夢|3月24日

夢を見た。

 

病気の夫が居なくなった。

どうしよう。どうしよう。

 

思い当たる所を全て捜しまくった。

見つからない。
必死で懸命に捜しまくった。
だけど、捜しても捜しても見つからない。
このまま見つからなかったら、どうしよう。

 

やっと見つけた。
当の本人はドアの後ろに隠れていた。

 

抱きしめて泣き続けた。

 

一晩中、そんな夢を見続けて
疲れ切って目が覚めた。

 

今も自分を誤魔化しているけれど、
夫を捜し続けて、求め続けているのだろう。

 

夢は正直。
いつも、いつも夫に会いたい。
だけど、その気持ちを押し殺して生きている。

 

人間って切ない。
やっと巡り会えて、築き上げた絆も
いつか必ず断ち切られてしまう。

 

人生ってはかない。
世界中探しても見つからない居心地のいい場所も
あっけなく奪われてしまう。

 

それでも生きている以上、
何とか今よりもマシな居場所を探し求め続けなければならない。
でないと自分を見失う。

 

それが道理。それが人生。