風邪治癒| 10月5日

昨日は、まだ喉の痛みが取れず、微熱もあったけれど、
今日は喉の痛みも取れ、熱も下がり悪化もせず治ったようす。
きのう近くのクリニックに電話を掛けて、
点滴が必要か聞いてみたが、採血の結果、
細菌性の心配も無さそうなので、食欲があれば大丈夫ですよ、
ということで、ただの軽い風邪だったようでホッとした。
念のため、処方してもらった抗生剤は、もう少し服用する。
これから寒くなるので、ほんとに気を付けないと。
体に少しでも不快感があると欝も悪化する。
昨日は、それでも撮影の仕事が入っていたので
体調が良くないながらも何とかこなしたが、
今日は何も無かったので、二人でのんびり、ダラダラと過ごした。
最近、一日の殆どを寝て過ごしている夫に少しうつってきて、
私まで昼寝をする快感を覚えつつある。
なにぶん、老後の生活なので、それもリクレーションの一つ。
家の中に引きこもるこういう生活も、
何となくふんわりとした幸せを感じなくもない。
それにしても、この間、放射線科の院長の声を一ヶ月ぶりに聞いたけれど、
相変わらず完璧な日本語にホレボレする。
三年前の病気宣告時に、こんな先生に会っていたら、
ひょっとして夫は鬱病になっていなかったんじゃないか、とすら思う。
私の心の癒えることのない奥深い傷も、
医者不信のやっかいな精神性も宿っていなかっただろう。