採血結果| 7月22日

今日は、休眠クリニックで採血と診察だった。
白血球が3900で少なめだが、
好中球は基準値を超えているので良しとする。
中性脂肪は相変わらず、CRPが少し高いが、院長は気にせず。
来週はアブラキサンの2クール目になるが、
大阪府立成人病センターでアバスチンを長く使っている人は
腎機能が悪化し易く、休薬しても中々再投与できない事を聞き、
その旨院長に告げると、今のところ大丈夫ですけどね、
と言いつつ、次回はアバスチン抜きで行きましょう、となった。
私が何故アバスチンに拘るのかは、
脳転移を防ぐ目的である事を再三説明しているが、
いつでも、又再開できるし、私は大丈夫だと思いますけどね、と曖昧な発言。
月に2回の投与でもアバスチンは大丈夫という発言との関係を
どう捉えればイイのか戸惑う。
医師側も患者と同じく、様々な逡巡があるのだろうけれど、
言葉足らずの発言の真意まで患者が読み取るのには無理がある。
多分、休眠クリニックで、その様な患者が存在しないのだろうが、
他病院の臨床現場での実績も考慮に入れるべき、と判断したような気もする。
休眠クリニックで治療を始めてから何分三週ごとを律儀に繰り返しているので、
この辺でアバスチンの休薬もアリかなとは思う。
標準量のシスプラチンでの腎機能悪化は、
有名過ぎて常識化しているが、
副作用が殆ど無いとされているアバスチンでも
使い続ける事の難しさがあるとは思っていなかった。
ということで、次回29日は、
2クール目アブラキサン+カルボプラチン二剤の投与になる。
薬量は同じ。
三投一休にするか二投一休にするかは体調によって決めることになった。