クリニック診察日| 5月10日

大阪府立成人病センターで8日に撮ったレントゲンを持って
休眠クリニックに行って来た。
採血は問題なし。
画像は、若干ではあるが、やはり増大傾向は否定できない。
レントゲン上での評価はSD。
緩やかな増大は現段階では仕方が無い。
少しでも縮小させる事に精神性が傾くと、
副作用に苦しむ結果になるので、
このような経過は、むしろメリットとも言える。
連休中の肩の痛みを申告したが、
肩を押さえたり、腕を上げたり、症状の分析から、
「どうも、骨転移ではなさそうですね」という見解だった。
どちらにしてもPET検査は必要なので、
20日に予約を入れてもらった。
そして、その日にデーターの所見もして頂けるようである。
実はPET検査に関しては、
昨日の大阪府立成人病センターでの診察の際に予約を入れてもらったが、
今日、クリニックで、その旨を伝えると、
データーの形式の違いで取り込めないらしく、
急遽、成人病センターの主治医に了解を得、キャンセルさせて頂き、
同形式を扱う病院での予約を取り直した次第である。
デジタル化が、急速に進む昨今、
夫の仕事に於いても、データーが全く機能しない場面も多々あった。
医療業界に於いても、デジタル化は、非常に便利な反面、
様々なソフトやハード面での相性が複雑に絡み合って、支障を来たしているようである。