休眠療法クリニックと大阪府立成人病センター | 1月17日

昨日は、二回目の休眠療法クリニックに行って来た。
大阪府立成人病センターで
11月27日に撮ったCT画像と9日の採血結果、
そして主治医に新たに書いてもらった紹介状を持って、
今度は初診という形で行って来た。
とりあえず、イレッサ+アバスチンを続けるので、
このクリニックで25日に投与する事を決めて来た。
そして早速、採血。
更に11月27日に撮ったっきりのCTも
近くの連携病院で28日に撮ることになった。
治療を続けながら、様子を見ようと思っている。
しかし、完全に移行する事を決めた訳ではない。
こちらのクリニックはたった二回の付き合い。
大阪府立成人病センターとの関わりは、
4月で2年半にもなる。
主治医とも様々な精神状態の中で、
どれだけ多くの時間を過ごして来ただろう。
そう簡単に気持ちに決着は付かない。
なので、現段階では診察予約を取って頂き、
検査結果や治療状況を知らせに伺うつもりでいる。
今日も診察日だったが、
本人の気持ちを最大限に重要視すべきなので、
三者間の関係は100%任せて頂けるようである。
当の本人は、堂島という都会のど真ん中に位置する環境や、
クリニックのキレイさ、患者の少なさ(あまり喜べない)、
待ち時間の少なさに気持ちが動いている。
肝心の治療の中身に関しては、二の次、三の次といった感じ。
ビルの中にあるライブハウスの広告に渡辺貞夫の写真を見つけて、
更に気分を良くしている。