サイトに関して | 10月1日

このサイトを立ち上げて一年以上が経過した。
たった一年の間に思いもかけない程、多くの方に訪問頂き、
それぞれの記事に対して
暖かい励ましや病気に関する情報、共感と様々なメールを頂いた。
しかし、もっとも予期しなかった事は、
私を稀に見る良き伴侶と褒めて頂くメールの多さだった。
ここまで来ると、中々の愚妻ぶりを日々発揮している私としては、
この辺で何が何でもその恐れ多いイメージから来る大きな誤解を解かないと
良心の呵責に耐え切れなくなっている。
今まで、同じ病気に苦しむ患者の方や御家族の方と
私のサイトを通して気持ちを通わせて来た。
顔も見えない肉親でもない人と
ここまで気持ちを共有できる事をこの歳になって初めて知った。
そんなかけがえの無い人達に対して、
私は自分の宣伝をするつもりは全く無かったのだが、
結果として嫌味ったらしく良妻ぶりをアピールするような
気持ち悪いニュアンスを臭わせてしまったようである。
チョット自分でも驚きの発見である。
サイトを立ち上げた当初は、
投稿ページを作り、送信して頂いたメールを整理し
希望があれば掲載するつもりでいたのだが、
わずか一年ほどでトータルで100,000アクセスにもなるサイトで、
固有名詞も頻繁に飛び出す掲載文の整理を
私ひとりでこなせるはずも無く投稿ページを作ったものの、
随分前から放置状態になっている。
サイトには掲載していないが、
頂いたメールはいつも有り難く心に刻み、うれしく返信している。
全て私の財産である。
だから、そんな人達とは、
これからもずっと自分を飾ることなく
心を通わせて行きたい。