アリムタ終了 | 8月16日

大阪府立成人病センターでの採血の結果、
CEAは更に上昇で7.6。
3月22日の採血でCEA4.4から4月19日に7.4に上昇してから、
イレッサを再開することで若干下げ、横ばいを続けてきたけれど、
今回は2週間の服用でも下げることは出来なかったので、
アリムタを投与する意味も見出せず、
今日はアバスチンのみを投与することになった。
アリムタ+アバスチンはこれで終了。
去年の10月31日から始めたので、9ヶ月半継続した事になる。
考えてみればイレッサとほぼ同じ。
けっこう長く使えたと思う。
次のレジメンはTS-1+アバスチン、イレッサは中止。
TS-1は少し間を空けて1週間後から始める。
夫の体重では120mmの量のところ、
とりあえず、100mmから隔日服用で始める。
このレジメンは、入院なしでもOKということで
副作用さえ重くなければ切り替えが容易いのでありがたい。
ところで今日、呼吸器内科の体重計に乗ってみると、
なんと78kgもあった。
7月30日にCT検査の待合で計った時は74kgだったのに、
たった2週間で4kgも増えたとは大きな問題。
主治医にも、「ここまで来ると病的やね」と言われた。
コレステロール上昇、血糖値上昇、高血圧、心臓に負担、
何もいいことは無い。
血栓症にもなりやすく、そうなるとアバスチンとの相性が悪くなる。
そこで、緩和科の主治医と相談して抗うつ剤の処方を見直す事にした。
現在、リフレックス、ジェイゾロフト、サインバルタ、
スルピリド、コンスタン、ソフミン、レンデム、ハルシオンと
眠剤と抗うつ剤をてんこもり飲んでいるが、
その中でもリフレックスが食欲増進に大きく影響している。
これを中止して代わりにジェイゾロフトを増量して様子を見る。
ウツの苦しさは半端ではないから、
何かを減らすなら何かを増やさないと不安になる。
少しでも体重が減ってくれることを期待して今日から実行。
3週間後の診察まで、TS-1の副作用を観察する。