検査結果 | 8月2日

今日は大阪府立成人病センターへ
7月26日と30日に撮ったCTとMRIの結果を聞きに行った。
脳は問題なし。
しかし、CTで原発巣の増大傾向が確認された。
内部に出現していた空洞化の容量が減少し、
充実部分+壊死部分が増強しているとの指摘。
5月のCTでは径が24mmほどであったが、
5mm増しくらいになっている。
次のレジメンはTS-1+アバスチンと決めているが、
いつから始めるか考えている。
去年、イレッサの耐性に差し掛かる頃、
出来るだけ引き伸ばそうとした結果、
増大傾向にある状態から2ヶ月半ほど経過した時、
39度の発熱で緊急入院となってしまった。
結局、腫瘍の増大による熱や、
それを原因とする細菌感染だろうと思われる症状に苦しむことになる。
この経験を頭に置く必要があるので、
アリムタ+アバスチンをあまり引き伸ばす事は考えていない。
次の薬剤が効くとは限らない以上、そうゆっくりもしていられない。
2週間後にレントゲンと採血で決めることになる。
TS-1の服用方法は隔日でも効き目は変わらない、
と言う主治医の言葉に後押しされ、
隔日服用で、量は夫の体重なら120mmのところ、100mmで始めようと思っている。