体重増加 | 5月30日

アリムタ+アバスチンの化学療法から6日経った。
イレッサは、点滴直後の翌日分を飛ばし29日から服用している。
副作用は、相変わらず顔の赤みとむくみ、爪周囲炎、下痢、
口内炎は断続的に続いている。
咳やしゃっくり、熱はない。
さすがにイレッサを再開すると、下痢が激しくなる。
しかし、どの副作用も極端にQOLを落とすものではない。
本人にとって、最も鬱陶しい副作用は、抗うつ剤による体重増加らしい。
何しろ20キロ近く短期間で太ってしまった体は、
もはや自分自身とは思えないらしい。
とにかく体が重く、動きづらいから何をするのも億劫で、
それが更に体重増加を助長する。
確かに前から見ても、横から見ても、後ろから見ても、まん丸体型。
こんな夫を一生の内に見る事になるとは、私も夢にも思わなかった。
しかし、ここから痩せるのは半端じゃない。
今のところは、血液検査のデーターでも
肥えたことによる障害は出ていないので、
食事もおいしく食べれているし、これでいいかな、と思っている。
この間から大阪府立成人病センターの病院長宛てに出した手紙の件で
色々考えたりしていて、気分的に落ち着かなかったが、

今日は、私自身の健康診断の為に近くのクリニックへ行って来た。
ガン検査を主体に実施してもらった。
とにかく、夫より先に私が死ぬ事は許されない 。