9クール目 | 5月24日

今日は前回、見送りとなった
アリムタ+アバスチンの9クール目を大阪府立成人病センターで実施した。
血液検査の結果も問題無く、
レントゲンでも間質性肺炎などの兆候は無かった。
最もレントゲンで分る事は、腫瘍の余程の悪化か、肺炎くらいしかない。
イレッサ+アリムタ+アバスチンを始めて、これで一ヶ月になる。
肺には、まだアリムタとアバスチンが効いているようだが、
十二指腸のリンパ節の方は
イレッサを追加しないと制御できないようである。
そろそろアリムタ+アバスチンの耐性も疑わしい時期だと思うが、
イレッサを追加した事で作用機序が変わるかもしれない。
どちらにしても効果は結果論でしかなく誰にも分らない。
夫は、これで又一ヶ月、病院から遠ざかる事ができると思っていたが、
アリムタとイレッサを併用しているから間質性肺炎が気になると、
2週間後の診察を主治医から言い渡されてしまった。
副作用の方は爪周囲炎は横ばい。
歯茎の痛みはなし。
腰が痛いらしいが、これは若い頃から腰が弱く、
時々起こる腰痛だと思っている。
あとは、2、3日前に軽いめまいがすると言っていたが、
今は治っている。