応援したい医師 | 3月19日

たまに訪れて治療の参考にしている医師のサイトがある。

関西圏ではないし、私には遠い存在であり

面識があるわけでもないので、

その日々のブログをかなり客観的に拝見しているが、

その中で、非常識な医師に怒り、

忙しい中、患者の為に奔走されている場面が時折ある。

「医者の為のガン治療」と題して3月18日にアップされている内容で、

ここでも例によって例のごとく、何を勘違いしているのか、

医者と言う肩書きを利用して

患者にヒステリーを起こしている女医の対応に怒り、

院長に留まらず、その管轄下の市長にまで抗議文書を作成しておられる。

普通、見て見ぬふりをして、我関せずを決めこむ人が殆どだと思うが、

この人は断固として戦う姿勢を崩さない。

未だかつて私はこう言う医者を知らない。

果たして感情に任せて筋道を逸脱した浅はかな医者もどきは、

ここまで正面きって講義されて、どう対処するのか興味深い。

もはや、何処にも弁解の余地はなく、

自ら医者として、人間としてのプライドを

いとも簡単にかなぐり捨てる不思議な人種のブザマな結果を

是非知らせて頂きたい。

そして、患者を甘く見ると思いの他、大変な事になるよ、

という忠告を発信し続けてもらいたい。

こんな風にナルシストではなく、

当たり前に正義感のある医療従事者が多く存在してほしいと心から願い、

一患者の取るに足りない家族に過ぎないけれど、

心から応援したい。