うつ、改善 | 1月31日

夫の欝が、序々に改善しつつある。

テレビも見るし、

けっこう突っ込みも入れるし、

私にもしゃべり掛けるし、

普段の夫が蘇りつつある。

薬の力はすごいと感じる。

そして、その薬剤を処方して頂いた

大阪府立成人病センター緩和科の主治医に感謝である。

思えば、病気が発覚してから初めて現代の医学の偉大さを知った気がする。

治る病気と言うものは、人に勇気や希望を与えるものであると、

今更ながらしみじみ思う。

でも、今までの夫と違うなと思うところがひとつある。

それは抗うつ剤の副作用で食欲が旺盛なところ。

いつも何か食べたそうにしている。

30年近く傍に居て、感じた事の無い現象なので、

戸惑うし、少し切なくもある。

今後を考えると色々と不安は尽きないけれど、

無力ながら私に出来ることを模索して行くしかない。