入院一ヶ月 | 11月23日

大阪府立成人病センターに緊急入院してから一ヶ月になる。

予想だにしなかった、あまりの長さに夫は辟易しているようで、

ついにウツの症状が最近強くなってきて辛そうにしている。

メタボ人生まっしぐらかと思っていた食欲もここ3,4日は殆ど無くて、

ムリヤリ食べ物を押し込む状態。

抗うつ剤の効き目も、こうなると大して効果は発揮しない。

解決の方法は、もはや退院しかないけれど、

明日から始まる2クール目の副作用の予測がつかない。

やっと咳が収まって来たかと思うとメンタルな症状が出てくる。

テレビを見ていても、普段なら異常なほどの動物好きの夫婦の会話も、

私だけがニヤニヤしていて夫は全く気持ちが動かなくて見ているのがつらいと言う。

朝起きて仕事をする、食事をする、そして寝る、

この単純な日々の生活がどれほど大事なことかを思い知る。

今後の人生を改めて考え直さなければならないと痛感するけれど、

私に取っておきの思索がある訳ではない。

現時点で思うのは、

少なくとも副作用がきついとされる抗がん剤は選択出来ないということ。

とにかく早く退院して元の生活に戻りたい。

そうすれば、また徐々に道が開けて行くと信じている。