ボイスレコーダーの勧め | 9月22日

現在、電気機器やパソコン等の電話サポートに問い合わせをすると、

必ずと言っていいほど企業の品質向上の為に

会話の内容を録音します、と言うアナウンスが最初に流れる。

企業にとってもユーザーにとってもデメリットは何処にもない。

昨今、警察の取調べに於ける不祥事が相次ぎ、

被疑者との会話を録音する案が浮上したが、

これは密室での警察側の横暴を暴く為のものである。

病院に於いても同じ様な意味合いで録音が必須であると感じるけれど、

これは単に医師の横暴を防ぐ為だけでなく、

聞いた事を素通りしなくて済むメリットが多いにある。

私は大阪府立成人病センターで

主人の診察の際に必ずボイスレコーダーを持ち込む。

薬剤の名前など聞きなれない単語も

何度も聞き返す必要がなくなり、

お互い時間の短縮に繋がり一石二鳥と言える。

多分、大阪府立成人病センターで

録音機器を持ち込んでいるのは私だけのような気がするけれど、

日本人独特の奥ゆかしさなんて、此処では自分に何の利益も生まない。